Do the Right
things Right

正しいものを正しくつくる

仮説検証型アジャイル開発のご提案

事業の舵取りに悩む起業家・事業担当者さまへ
「あなたの事業仮説、本当に正しいものですか?

メイン事業に手がいっぱいで時間がなく、とりあえず立てた仮説を元に新規事業をはじめようとしている

スタートアップ企業 創業者

スタートアップ企業 創業者

上司に与えられた仮説に取り組んでいるが、その根拠がよく理解できない

中堅企業 新規事業担当者

中堅企業 新規事業担当者

身の回りの反応はいいのでとりあえず事業にしようと仮説を立てた

スタートアップ準備中

スタートアップ準備中

基幹システムに自信はあるが、ユーザーとのコミュニケーションのためのシステムをつくるノウハウがない

SI企業 プロジェクトマネージャー

SI企業 プロジェクトマネージャー

新しい事業・サービスに取り組むあなたにとって第一のみちしるべになるものは、もちろん事業価値に関する仮説です。その仮説にあなたは自信を持てていますか? 上のようなシチュエーションの中で生まれた事業仮説は

  • データの裏付けに欠ける仮説
  • 十分な調査・検証を経ていない仮説
  • 自身に都合のいいデータばかりで固めた仮説
  • 関係システムとの連携が考慮されていない実現可能性の低い仮説

になってしまっている場合が多く、そのまま製品開発に入って失敗してしまう例が後を絶ちません。これらの不安を取り除き、自信をもって事業を進めることができるなら、あなたのプロジェクトのパフォーマンスはきっと劇的に上がることでしょう。

Why can’t we do “The Right Thing” ?

どうして「正しいもの」がつくれないのか?

ケースA
スタートアップ・ベンチャー企業によくある

採用の失敗

図:正しくないものを採用してしまう模式図

正しくないものも多く採用してしまう

起業家が意思決定を主導するため、様々な取り組みや企画は採用されやすい傾向にありますが、仮説が脆弱であると「正しくないもの」も多く採用してしまい、そこがネックになって正しくないものをつくってしまう可能性が高くなります。

だから

スタートアップ・ベンチャーのあなたには

正しくないものを採用しない→正しくないものをつくらない
ことを念頭においたアプローチが必要です。

ケースB
大企業・中堅企業によくある

却下の失敗

図:正しくないものを却下してしまう模式図

正しいものまで却下してしまう

意思決定は組織の手順にそって稟議を通しておこなわれます。新規取り組みに対する抵抗が大きく、組織として仮説検証に積極的に取り組むことが難しい傾向にあります。結果、必要な取り組みや企画までもが却下されてしまうことで正しいものをつくれない可能性が高くなります。

だから

大企業・中堅企業のあなたには
まず起業家型の事業創出(仮説検証)の動機づけ

さらに

正しくないものを採用しない→正しくないものをつくらない
ことを念頭においたアプローチが必要です。

「体験」をともなう検証でさらに確度の高い選択を

仮説・企画の正しい採用のためには、ユーザー体験をともなう検証が欠かせません。目まぐるしく変わる仮説や前提条件にも柔軟に対応できる開発チームとプロセスがあってこそ、より確度の高い選択をおこなうことができるようになります。仮説を机上の空論にしないために「体験→アイデアの創出→スピード感のある開発」をテンポよく繰り返す必要があるでしょう。

図:体験→アイデアの創出→スピード感のある開発を繰り返す

Agile development with hypothesis testing

「正しくないものをつくらない」
仮説検証型アジャイル開発

図:仮説検証型アジャイル開発

ではどのように仮説を立て開発を進めればいいのでしょうか。
どちらのケースでも求められるのは次の2点でしょう。

  • 採⽤の失敗を抑えながら製品開発をおこなう⼿段
  • 仮説を検証しながら少しずつ進める柔軟な開発

わたしたちは、まず必要なプロセスである仮説検証とこれをアシストする開発手法であるアジャイル開発までを包括的にカバーする仮説検証型アジャイル開発によって、スタートアップ企業から大企業・中堅企業まで、幅広いクライアントの事業課題に真正面から取り組んできました。

仮説検証型アジャイル開発の詳細

あなたの個別の悩みに応えます

仮説検証型アジャイル開発はスタートアップ・ベンチャー企業はもちろんのこと、大企業・中堅企業にも対応することができます。

仮説検証重視型

図:仮説検証重視型

仮説検証の頻度を優先して集中すべき領域・テーマの発見を重視します。

詳細を見る

検証・開発バランス重視型

図:検証・開発バランス重視型

仮説検証と開発のバランスを重視して、ほどよい資源配分の開発を目指します。

詳細を見る

アジャイル開発重視型

図:アジャイル開発重視型

仮説検証の回数を抑えてより精度の高い開発を重視します。

詳細を見る

このように使える開発資源は同じであっても、プロセスの力点を変えることで様々な環境における課題に向き合うことができるのです。

Our partner's voice

クライアントの声

わたしたちとともに仮説検証とサービス開発に日々取り組んでいるクライアントのみなさまの声を集めました。

クライアントの声1:株式会社ヴァル研究所様

株式会社ヴァル研究所 UXデザイナー

伊藤英明さま

「駅すぱあと」は乗換案内サービスとして歴史があり、路線バスまでもフォローする情報網羅性や、最新の運賃設定にきめ細かく対応する緻密さに特長があります。多くのユーザーに支持されている魅力を生かしつつ、新しい付加価値を創造したい――これがヴァル研究所からギルドワークスに寄せられた依頼でした。

記事を読む

クライアントの声2:Pollet株式会社様

Pollet株式会社 代表取締役

鈴木良さま

ポレットは、オズビジョン内の社内スタートアップとして2017年に立ち上がったばかりの事業です。オズビジョンが運営する約180万人が利用するポイントサイト「ハピタス」を始め、提携サイト(順次追加予定)で貯めたポイントを、1枚のプリペイドカードにチャージして使えるサービスを提供しています。

記事を読む

クライアントの声3:スターティアラボ株式会社様

スターティアラボ株式会社 新規事業担当責任者

樋口清政さま

私たちは電子ブックやARをメインに事業展開していましたので関連性の高い動画市場への介入は必須だと考えておりました。
そこで社内で新規事業を立ち上げが決まり、当初考えていたアイディアを元にギルドワークスさんに相談をさせて頂きました。

記事を読む

わたしたちは、ギルドワークスです

わたしたちギルドワークスは「正しいものを正しくつくる」をミッションに、数々のクライアントの課題解決に向き合いつづけるソフトウェア開発とUIデザインのプロフェッショナル集団です。

ご紹介している「仮説検証型アジャイル開発」や、お客さまが自らの力で「正しいものを正しくつくる」ための開発現場づくりをサポートする「現場コーチ」といった手法を通じてお客さまと二人三脚でプロダクトのあるべき姿を探索・開発します。

市谷 聡啓

ギルドワークス代表

市谷 聡啓

Ichitani Toshihiro

システム企画案やサービスのアイデアからのコンセプトメイキング(プロダクトオーナー支援)や、アジャイル開発の運営・マネジメントを得意としています。プログラマーからキャリアをスタート。SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発のマネジメントを経て、ギルドワークス代表に。それぞれのフィールドから得られた実践知で、ソフトウェアをお客さま・開発チームと共創します。

上野 潤一郎

ソリューションアーキテクト

上野 潤一郎

Ueno Junichiro

コンセプトからアプリケーションをあるべき形につくりあげていくことに情熱を持っています。ギルドワークスの開発するすべてのシステムやサービスに関わり、品質面を支えています。UI周りを得意とし、Webアプリケーションだけでなくタブレットやスマートフォンアプリの開発・運用の豊富な経験から、機能を上手く活かせる方法をご提案します。また、クラウド(主にAWS)を利用してインフラからシステムやサービスを支えます。

中村 洋

スクラムマスター

中村 洋

Nakamura Yo

「お客様含めたチームがより良い仕事をできるように」を第一に考え、チームビルディングやファシリテーション、アジャイル開発のマネジメントを得意としています。様々な規模のSIer、事業会社でのシステム開発を経て、「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指し、現場コーチに。「それをなぜするのか?」というWhyの探求心と「ええと思うなら、やったらよろしいやん」という越境することを口癖に、昨日より少しでも良い仕事ができることを大切にしています。

ギルドワークスの開発

ギルドワークスの開発の大きな特徴は熟練したエンジニアがクライアントの前に立ちプロジェクトを自発的に進めることです。週1回という短い時間単位で検証と開発・フィードバックを繰り返し、アイデアは即コードに落とし込みレビューします(アジャイル開発)。こうした短いサイクルの中で柔軟に改善をおこないながら徐々にプロダクトを完成形に近づけていく、これがギルドワークスの開発です。

ギルドワークスの開発

現場コーチ

「正しいものを正しくつくる」開発現場を増やしていくことはギルドワークスのミッションのひとつです。ギルドワークスはお客様の現場に飛び込み、コーチングを通じて自律的に成長し改善をつづけるチームづくりをサポートします。チーム固有の課題を現場のみなさまと共有しながらチーム内のコミュニケーション課題・技術的課題の両面にアプローチしていく、これがギルドワークスの現場コーチです。

ギルドワークスの現場コーチ

ギルドワークスについてもっと知る

ギルドワークスのイベント

ギルドワークスはこれまでに培った事業開発の知見や事例をセミナー・イベントなどで積極的に共有しています。仮説検証型アジャイル開発に関するイベントも多く開催しておりますので、くわしく聞きたい方はぜひご参加ください。

イベントをチェックする

イベントの風景1
イベントの風景2
イベントの風景3

あなたのプロジェクトをもっと「正しく」。もっと前へ。

わたしたちとともに「正しいものを正しくつくる」プロジェクトを実現しませんか?
わたしたちに期待すること・あなたのプロジェクトが抱える課題をお聞かせください。

あなたにもっともあてはまることがらをお選びください。必須
必ずひとつ選択してください。該当するものがない場合は「その他」をお選びください。
今回のご相談で、ギルドワークスに期待することはなんですか?(複数回答可)必須
必ずひとつ選択してください。該当するものがない場合は「その他」をお選びください。
あなたの事業・プロジェクトについてお教えください。
あなたのご連絡先をお教えください。

確認画面はありません。送信前にご入力内容をご確認ください